腰痛の原因は科学的に証明されてない?筋肉?骨?神経?何が原因?【廿日市市】|えっ、こんな簡単によくなるの?広島で腰痛改善したいならここ

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

腰痛の原因は科学的に証明されてない?筋肉?骨?神経?何が原因?【廿日市市】


仕事や家事でちょっとしたことで腰を痛めた経験ないですか?



そのあなたの腰痛の原因ってわかります?



あなたの腰痛のタイプにあった最適な対策を行うことができたら簡単に早く腰痛が良くなるかもしれませんよ(^^♪



実は腰痛にはタイプがあり、タイプにあった対策を行わないと逆に腰痛が悪化してしまうことさえあります。



その概要と対策をお伝えしていきますね(^^♪


掃除.jpg


誰もが毎日やる家事で腰痛を作ってる!?





家事やっている時も腰が痛くなることってありますよね。



家事での腰痛についてお話していきますね。



家事って同じ姿勢での作業が多いですよね?



腰の筋肉に負担を強いると、どうしても腰の筋肉が緊張してしまい硬くなります。



それにより筋肉やそれを覆う膜(筋膜)の損傷が起こりやすくなり、起こしてしまった際には炎症となり痛みを感じるようになります。



また、筋肉が硬いことで血行不良になりやすく痛みを感じやすいような状態に陥ってしまいます。




このように腰の筋肉が疲労することにより起こる腰痛のことを「筋・筋膜性腰痛」といいます。


max16011508_TP_V.jpg


痛みを和らげるための2つのポイント





ここでは筋肉が原因である腰痛の場合、どのようにすれば“コントロール”できるかについて簡単なポイントを2つお伝えします。


女性 体操.jpg


ポイント@:長時間の同じ姿勢を避ける



人は同じ姿勢でいることが苦手な生き物です。



あなたも苦手ではないですか?



極端な例でお話しします。


パソコン イス.jpg


いまあなたが椅子に座っているとしたら、背筋がまっすぐに伸びた綺麗な姿勢で10分間動かないでくださいと言われたら維持できるでしょうか。



綺麗な姿勢をしていると、腰痛も防ぐことができると思われがちですが、綺麗な姿勢よりも大切なのは、適当なタイミングで姿勢を変えることです。



車の運転中はずっと座っているように思いますが、知らない間に、誰でもお尻の位置や角度をずらしたりして、姿勢の変換を無意識にしています。



このような適当なタイミングで姿勢を変換することが、腰痛の予防につながります。



このように、姿勢を変えることで筋肉の疲労のリセットにもなるからです。



しかし、仕事の都合上なかなか姿勢を変えられないという意見をお聞きすることがあります。



そのような課題でお悩みの方はデスクワーク中心の方か、販売員などの立ち仕事の方でしょう。



それぞれの注意点をお伝えしておきます。


パソコン.jpg


デスクワークなどの座り仕事が中心の方の注意点





パソコン作業における労働衛生管理では同じ作業を連続でする時間は1時間を超えないようにし、“連続作業と連続作業の間に10〜15分の作業休止時間を設けること”とされています。



この“作業休止時間”とは、労働基準法上使用者に付与が義務づけられた「休憩時間」とは別のことを意味しているので、注意が必要です。



同一の連続作業をやめ、身体を休める時間を作ることで結果的に身体を痛めにくく業務効率も高くすることにもつながります。



コピーを取りに行く、トイレに行くなどちょっと動くだけでも変わってきますよ(^^♪


イス.jpg


椅子の背もたれを上手に使うことも重要ですよ(^^♪



腰痛でお悩みの方は、背もたれと自身の背中の間にクッションを入れることをオススメします。



クッションを入れることで腰の筋肉の緊張がほぐれて負担軽減につながります。



男性 腰痛.jpg


立ち仕事が中心の方の注意点





もしお客様の接客などでカウンター越しに同じ場所に立ち続ける場合であれば、足もとに高さ10cmほどの台を置き、交互に足を乗せるだけで腰の負担軽減につながります。



実際に行ってみると、腰の重だるさが軽減することを実感できるでしょう。



腹筋や背筋の筋力ではなく、体幹筋力の”持久力”が大切になってきますので自宅やジムで体幹のインナーマッスルが鍛えられるような運動もオススメですね!


股関節.jpg


ポイントA:股関節の柔軟性を保つこと



“股関節”は腰のことを理解する上でとても大切です。



腰が痛くなる人は膝も痛くなる、または膝が痛くなる人は腰も痛くなると聞いたことがありませんか?



これは股関節の負担を腰や膝が負うことで痛める方が多いからです。



股関節が原因で腰痛になることも少なくありません。



そのため、股関節の柔軟性を高めるためのストレッチを積極的に実施することをオススメします。


IMG_1403.JPG


まとめ





長時間の同じ姿勢を避ける



股関節の柔軟性を保つこと





参考になったでしょうか?



上記で解説した簡単な2つのポイントをご自身の日常生活の中で意識してみてくださいね。



それでもなかなか腰痛が良くならない方はこちらまで!

↓↓↓



知らないと損!腰痛を諦めていませんか?



なごみ施術院 (1).jpg







2018.01.11 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます