あれ!何かおかしくない?しびれから痛みへ変わっている【坐骨神経痛】|えっ、こんな簡単によくなるの?広島で腰痛改善したいならここ

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

あれ!何かおかしくない?しびれから痛みへ変わっている【坐骨神経痛】



最初はしびれが気になってたんですが、今は痛みが気になるようになったんですが、、、



と患者さんから質問をもらうことが多かったので、なぜ移動してしまうのか?



それについてもお伝えしますね(^^♪


孤独の痛み.jpg


痛みってどこで決めているの?





痛みは全て脳が決めているのです!



意外ですか?笑



痛みの認識は年中無休で脳の中の感覚神経が情報を選別しています。



脳は身体の色んな所から情報を集めてその身体の悪い所を探っています。



そしてある一定以上の負担がかかっていると脳が判断した時にその箇所に痛みを発生させます。



脳が痛みを発生させる理由は一種の危険信号みたいなものだと思ってください。


股関節.jpg


例えばお尻からふとももにかけてしびれが出ているということは「坐骨神経痛になっている。気をつけて」と脳が知らせてくれているわけです。



そして脳が痛みとして危険信号を出す時には優先順位があるんですよ(^^♪



その人の身体の中で最も悪い所を優先的に痛みを強調させるというわけです。



優先順位がないと、一番危険なところを教えてあげないとあなたは気づかないでしょ?



大出血しても痛みがないと怖いでしょ?



生死に関わるかもしれませんからね(^^♪


出血.jpg


なぜ痛みが移動するの?





痛みという危険信号にはその時最も悪い場所の痛みを優先的に強調するような特徴があるとお伝えしました。



例えば腰の症状がキツイ場合腰に痛みを発生させます。



そしてその痛みが消えるか軽減すると次はお尻の痛みが出てくるのです。



この反応は腰が楽になったのでその次に悪かったお尻の痛みを脳は優先して発生させているんです。



つまり症状は改善しているんです。



改善してるからこそ2番目に悪いところが痛み始めるのです。



これを繰り返すうちに痛い場所がどんどん減っていきますよ(^^♪



痛みしびれが移動している患者さんは早く良くなるってことですよ!



痛みが移動することはいい反応ですよ(^^♪



どこに行っても痛みが変わらない、早く坐骨神経痛をなんとかしたい方はこちらまで!



↓↓↓



必見!ショッピングで歩き回りたい方へなごみ施術院 (1).jpg









2018.02.16 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます