えっ、こんな簡単によくなるの?広島で腰痛改善したいならここ

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

・ここに載せたい情報を書いて下さい

あれ!何かおかしくない?しびれから痛みへ変わっている【坐骨神経痛】



最初はしびれが気になってたんですが、今は痛みが気になるようになったんですが、、、



と患者さんから質問をもらうことが多かったので、なぜ移動してしまうのか?



それについてもお伝えしますね(^^♪


孤独の痛み.jpg


痛みってどこで決めているの?





痛みは全て脳が決めているのです!



意外ですか?笑



痛みの認識は年中無休で脳の中の感覚神経が情報を選別しています。



脳は身体の色んな所から情報を集めてその身体の悪い所を探っています。



そしてある一定以上の負担がかかっていると脳が判断した時にその箇所に痛みを発生させます。



脳が痛みを発生させる理由は一種の危険信号みたいなものだと思ってください。


股関節.jpg


例えばお尻からふとももにかけてしびれが出ているということは「坐骨神経痛になっている。気をつけて」と脳が知らせてくれているわけです。



そして脳が痛みとして危険信号を出す時には優先順位があるんですよ(^^♪



その人の身体の中で最も悪い所を優先的に痛みを強調させるというわけです。



優先順位がないと、一番危険なところを教えてあげないとあなたは気づかないでしょ?



大出血しても痛みがないと怖いでしょ?



生死に関わるかもしれませんからね(^^♪


出血.jpg


なぜ痛みが移動するの?





痛みという危険信号にはその時最も悪い場所の痛みを優先的に強調するような特徴があるとお伝えしました。



例えば腰の症状がキツイ場合腰に痛みを発生させます。



そしてその痛みが消えるか軽減すると次はお尻の痛みが出てくるのです。



この反応は腰が楽になったのでその次に悪かったお尻の痛みを脳は優先して発生させているんです。



つまり症状は改善しているんです。



改善してるからこそ2番目に悪いところが痛み始めるのです。



これを繰り返すうちに痛い場所がどんどん減っていきますよ(^^♪



痛みしびれが移動している患者さんは早く良くなるってことですよ!



痛みが移動することはいい反応ですよ(^^♪



どこに行っても痛みが変わらない、早く坐骨神経痛をなんとかしたい方はこちらまで!



↓↓↓



必見!ショッピングで歩き回りたい方へなごみ施術院 (1).jpg









2018.02.16 | コメント(0)

腰痛!なぜ朝痛い?その秘密を1つだけ教えます【廿日市市】


また5時に目が覚めた、、、



今日も5時に激痛で覚めた、、、



ほんと嫌になりますよね?



なぜ腰が痛くなってしまう?




痛い原因をお伝えしますね!



子供 睡眠.jpg


なぜ朝にかぎって腰が痛くなってしまうの?





それは



寝る姿勢



腰の筋肉が硬い





この2つが原因です!


横向き.jpg


あなたはどんな寝方をしていますか?



上向きですか?それとも横向き?



それともうつ伏せ?



うつ伏せが一番よくないですよ^_^;



うつ伏せは朝の腰痛の原因になります。



人間の背骨はS字カーブを描いていますが、うつ伏せは綺麗なS字カーブを崩してしまいます。



極端ですが、エビぞった状態をイメージして頂くとわかりやすいと思います。



エビぞった状態は、腰にもの凄く負担のかかった状態です。



うつ伏せも同様に腰に負担を掛ける姿勢です。


筋肉.png


腰の筋肉が硬い




起きた時に腰痛が起きるのは、腰の筋肉が硬くなってしまっているから。



腰の筋肉が硬くなっていると、起き上がろうとした時に伸びるはずの筋肉が伸びてくれない為に痛みが起きるんです。



筋肉が伸びてくれないので痛みが起きるんです。


ゴムバンド.jpg


例えばゴムバンドをイメージしてください。



筋トレとかエクササイズに使うゴムバンドってイメージつきますか?



新しいゴムバンドはしっかりと伸び縮みしますが、長いこと使っていなかっていたり、日に当たりすぎたゴムバンドは、伸ばすと「ブチッ」と切れてしまったり、上手く伸びませんよね?



このような状態が腰でも起きているのです。



これが痛い腰痛の原因です。


腰痛.png


なぜ寝起きは筋肉が硬くなりやすいの?





先ほどお伝えしたように寝起きは筋肉が硬くなりやすいのです。



筋肉は動いていないと固まっていくということなんです。



先ほどの例でいいますと、ゴムバンドは毎日使っていると柔軟性が保たれてしっかりと伸び縮みします。



しかし、使わないで置いておくとどんどん劣化してしまい、上手く伸び縮みしてくれません。



腰痛も一緒なんですね。



筋肉も動かしていると柔軟性が保たれますが、動いていないと硬くなっていきます。



特に寝ている間は、昼間のように身体を動かさないので筋肉が固まりやすいのです。



IMG_1403.JPG


まとめ





寝る姿勢



朝はもともと腰の筋肉が硬くなっている





参考になったでしょうか?



寝る姿勢や起き方を意識してみてくださいね。



それでもなかなか腰痛が良くならない方はこちらまで!



腰痛の原因がわかったら次はこれをやるべき



なごみ施術院 (1).jpg





2018.02.12 | コメント(0)

「えっ、そんな鍼治療は初めて」腰痛患者さんはみなさんそう言います【廿日市市】


同じ姿勢が続くと腰が痛い、、、



朝起きた時に腰が痛い、、、



こんな腰痛でお悩みではありませんか?



でも整形行ったら、どうせレントゲン、シップ、痛み止めじゃし。



友達に相談したら鍼いいよって。



本当に鍼治療で良くなるのか?



なります!ではそれについてお伝えしますね!


IMG_0629.JPG


どうして効果がある?鍼治療の仕組みとは?






鍼治療ですが実はただ単純に身体に刺すだけとは限りません。



どこに刺すのか、刺した後は鍼を上下や左右に動かす、振動させるために鍼を指で弾く、10分程度そのままにしておくなど施術内容は変わります。



このような施術でなぜ治療になるのか不思議に思うかもしれませんがきちんとした根拠はあります。




患部にあるツボに鍼を刺すことで与えられた刺激が免疫系や自律神経系に作用するため、効果が現れるのです。



さらに血液やリンパの代謝をアップさせることにより、筋肉の緊張がほぐれるだけではなく、患部の痛みの解消をしてくれます。



このように効果が出る仕組みがある程度立証されているのは確かです。


パソコン.jpg


腰痛の時の治療院選びで気をつけてもらいたいこととは?






腰痛治療の場合、まず一番大事な事は強い刺激の治療ではなく弱めの治療をしてくれるところを探すべきです!



それはなぜか?



症状きつい腰痛の方は神経の感覚が過敏になっている方が多いからです




神経が過敏になっていると刺激が強い鍼治療をすると悪化してしまう可能性が高いです。




一般的な腰痛、肩こりであれば鍼治療の刺激が強くても大丈夫です。



TAKEBE160224530I9A0327_TP_V1.jpg


でも普通の人なら何でもないような刺激でも症状のきつい、重症の腰痛の方は負担に感じてしまいます。



悪化しなくても症状の改善を遅らせてしまう事も多々あるんです。



以上の理由から強刺激の鍼治療、バキボキならすような強い刺激、痛みの伴う治療は避けた方が無難でしょう。



おそらくこのページを読まれている人の中にはそういった治療によって症状が悪化した人も多いと思います。




鍼治療が痛いけど我慢したら治る」と思っているのであれば要注意ですね(^^♪


IMG_1403.JPG


皮膚にささなくても良くなる!?





私の治療院では鍉鍼(ていしん)という特殊の鍼を使って鍼治療をします。



鍉鍼を使って治療するとこは廿日市市で当院だけです(^^♪



一般的な鍼は皮膚に刺しますが当院では皮膚にささず、皮膚にあたるかあたらないか、きわきわです。



鍼の先は丸くなっており身体に刺さりませんので、一切痛みがありません。



そんなんで効果あるのと言われそうですが効果あります!



鍉鍼という鍼は弱い刺激でなおかつ結果が出る治療法です。



なぜか?



刺さなくてもツボに軽くあてるだけで気のめぐりを良くすることができからです!


wow.jpg


不思議でしょ(^^♪



痛くなく悪化することもなく、しかも腰痛がよくなるって最高ですよね(^^♪



どこにいっても良くならない腰痛の方で、どうしたらいいかわからない方は廿日市市にあるなごみ施術院にご相談ください!



ご相談だけでも可能です(^^♪



あなたの腰痛良くなってますか?



なごみ施術院 (1).jpg






2018.02.06 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます